SNOWBOARD memolog

スノボで感じた・聞いた・知った・経験したことを、メモしています。実際経験したことをできるだけ書いてるつもり。情報が役に立てば幸いです。

SNOW pick up photo

↓画像クリックでTOPへ↓

サイト内検索フォーム

カテゴリ

+-をクリックでフォルダを開閉できます

openclose

ただいま工事中HP

(工事中です)

買い物用リンク




GOLDWIN WEB STORE

プラネット・グリーンeストア(hellyhansen)

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

スノボ上達への道①準備

スノボ上達への道①準備編


まずゲレンデに行く前にしなければならないこと。


ギア(道具)を揃える。

 私、僕はレンタルでという方はごめんなさい。でもこれだけは理解していただきたい。
 スノーボードをやるにあたって、スキーでももちろんですが、非常に身体に負荷のかかる
 スポーツです。自然と戦うわけだから当たり前かもですが、
 自分にあっていない物を使うとどこかかならず痛くなります。
 
 ・普段履きなれていない革靴はいたら、豆できた。
 ・親父のサンダル履いたら、水虫移った

 こんな経験ないですか?
 対処できる家のそばなら百歩譲って大丈夫ですが、
 人の助けがなく、自然が牙を向く世界です。楽しいスノボにするためにも
 道具は揃えるのがお勧めです。嫌な思いはみんなしたくないですから

 それにレンタルって結構お金かかります。スノボを継続してやって行きたいので
 あればあるほど、ギアの購入をお勧めします。



それでも
スノボ用品が高いので一気にそろえるのはちょっと・・・のあなた


お金は無限じゃないですからね。急に道具をそろえようにもお金が掛かります。
では優先順位をつけて、順番にそろえていくのはどうでしょう。
どんな優先順位でそろえていくか・・・。そんな道具選びの優先順位は・・・

1:ブーツ
2:ウェア
3:板

この順でいきましょう。

1位と2位は人によって意見がわかれると思いますが、
板選びは最後でいいと思います。



板が一番重要じゃないの?

一見板が重要に見えますが、自分はそうでないと思います。
まずは滑ること以外の不備を除く。これが重要だと思います。

ブーツ:天候が悪くても、板をはかなくても、はいてますよね?ブーツ
    まさか裸足で、砂浜を走るがごとく、
    「きゃはは~、捕まえてごらん~」
     「待てよ~、捕まえちゃうぞ~」
   みたいなことを、氷の上でやったら、冷静に足冷たいです。
   
   ともあれ、一番使う道具なので、一番合わないと不具合が顕著に
   現れます。滑るまでもない、歩くのでさえ苦痛じゃ、スノボが
   面白いはずありません。

ウェア:スノボを嫌う、嫌がる理由が
    寒い、痛い、だるい の3大原因だと思います。
    内、だるいはごめんなさい。よく休んでください。
    痛いは、ごめんなさい。安全に滑ってください。
    そして寒いは、ウェア着てください。ということになります。

    たまに、パーカーで滑ってる人や、コスプレしている人もいますが、
    忘れないでください。

    彼らはうまいです。ちょこっとしかこけません

    雪=水。しかも低温で、そとも寒いです。
    
    だからこそ、薄着や、ウェアが寒いではなく、
    身体もあったい。みんなも優しく、心あったかいの
    楽しいスノボを目指しましょう。

ボード:最後にボードだと思います。正直最初のうちはそんなに
    かわらないと思います。
    それだとどれ選べばいいかもわからないので、あえて言うと、

    最初は、【軽い】【柔らかい】身長マイナス15cm~20cmぐらいの長さで
    デザインが気にいったものでいいと思います。
    
    あとは高速ですべったり、ジャンプの高さを出したいとか、
    ジブ(アイテム)中心でやりたいから、引っ掛かりの少ないものとか
    グラトリやりたいとか、
    スノボの中でもやりたいものが見つかったときに、変えていけばいいと思います。
    そこまでいったら初心者ではないはずです。    



体調管理は万全に
 

あたり前かもしれませんが体調管理は万全に。
たまーにうそみたいな状況でゲレンデ特攻の方が見受けられます。

・前日徹夜の居眠り運転ドライバー
・友達と夜もりあがりすぎの、二日酔いボーダー
・インフルエンザ、風邪持ちの、バイオテロボーダー
・怪我なのに、ゲレンデが呼んでると思っている、それちがうボーダー

スノボ好きなのはわかります。
せっかくの休み、調整してきた努力もわかります。

ですが、迷惑をかけてしまっては、全てが台無しになることを
忘れないでください。

不足の自体を防止するのは自分自身です。
でないと、不足の自体に友達に助けてもらえなくなります。




最低限の心の準備と
楽しみたい気持ちで、
スノーボードはぐっと楽しいものになります。



それでは楽しいスノーボードへいってらっしゃい
comments(0)|trackback(0)|スノボ上達への道①準備|2010-09-16_19:23|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

情報収集・公開してます

経験したことなど、是非教えてください

使用ギア・着用ウェア・こだわりなど
お勧め教えてください
↑↑情報収集(結果公開)してます!!↑↑

twitter

最新コメント

 



QRコード

携帯で見たい 一応スマホ対応のハズ
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。